Archive for 2017年08月

RSS Feeds

お久しぶりですぅー

長らく、ほーんとに長らく更新してませんでした。
ブログを楽しみにして下さる皆様、すいませんでしたー
一昨日、一時帰国しました。

今回のバリでは、自分でも「神がかってるぅ」と思う出来事や、内面を抉り出されるような、自身を振り返り内省せざるを得ない出来事や、日々色々な事がありその度に自分が成長出来たなーと感じていました。

特に何をしているわけでなくても何だかニヤニヤして「今が1番幸せだなー」と思うことが多々あり、私にとって幸せや喜びの一つは自分が成長していると実感出来る事なんだなぁとしみじみ感じ、充実のバリライフでした。
20170801-img_3358.jpg
(バトゥール山サンライズトレッキングで見た聖山アグン山。美しいかー)


そんな日々の中から心に残ったエピソードを。

楽器の先生は父と同い年のおじいちゃん先生なのですが、レッスン三時間の後、神様の話しやバリの文化の話しでやっぱり三時間語ったりととてもパワフル!!

ある日
「ナビィは何故、ワシの所に学びに来たと思う?」と聞かれました。
答えは絶対に現実的な話し、例えば「〜さんの紹介で」とか「凄い奏者だと思ったから」ではないと思ったのですが、だからと言って別の答えは見当たらないので「解りません」と答えました。

「ワシがナビィを必要とし、ナビィがワシを必要としたからだよ」

私が先生を必要とした事は判るけど先生が私を必要としたというのはしっくり来ないような、でも、物凄く納得するような不思議な気持ちでした。

どちらかだけが必要として出来上がる人間関係なんかはないんだよ。
双方がまず、自分に必要なものを与えてくれる人間を欲すればそれを言葉にし、探すという行動に移す。
想い→言葉→行動
すると、神様が「ほらほら、お互いに必要な相手はここにいるよ」と引き合わせてくれる。
あのお方(神様)は何処に誰がいるか、何でもお見通しだからね。



その話しは後々、色々と思い巡らすきっかけてなりました。

私は、バリに行く前に自分が想い描いていた「こうなったら幸せな自分」像にはまだ辿り着けず、当然焦りもするわけですが、でも最近になって私の幸せは「成長してるー」って「自分が思える事」だったと気付き、元の幸せな自分像は本当は強烈には求めてなかったって事か‥‥と気付かされました。
言うなれば、多分、何をやるか、どうなっているか?が最重要なのではなく自分が幸せだと感じていられる事 が最重要だったわけです。

人との出会いだけではなく、起こる出来事、物、あらゆる出会いには自分の「想い」が先ずあり、そこで起きる出来事を通して人は必要な経験をしているということ。
いい事も嫌な事も自分が経験したくて起こっている(起こしている)事なんだなと思います。
それは、自分を知るためだったり、自分の生きる目的を知るためだったり、深い愛や感謝を理解するためだったり‥‥

そう考えると、目の前で起きている出来事を通して経験しようとしている自分を信頼していれば、どんな出来事も最終的には自分で「良かった事」に出来る、という事なのだろうなと思います。


8月、9月は寿[kotobuki]のライブ、そしてバリダンスのライブもあります。
また会場でお会いしましょう〜